老化促進モデルマウス(SAM)学会

Society for Senescence-Accelerated Mouse (SAM) Research

 

 

 

 

京都大学結核胸部疾患研究所病理学部門において開発された老化促進モデルマウス Senescence-Accelerated Mouse (SAM) について初めての誌上発表がなされた1981年より、本モデルについての関心が高まり、翌1982年より国内外の研究者の求めに応じてブリーディングペアの分与が開始された。

SAMを使用する研究者が次第に増加し、SAM研究が進展していく中で、研究発表、情報交換の場を求める気運が高まり、1984年に研究協議会が設立された。同年、研究協議会主催で第1回の研究発表会が京都大学で開催され、本格的な活動が開始された。

以後、研究発表会(年1回)、国際会議(19942003年)、国際研修集会(1995年)等の活動を経る中で順調なSAM研究の進展をみたが、より組織的な協議会運営をはかるため、1997年、会則を制定し、会員制による協議会として再発足した。2017年には更なるSAM研究の発展を期して、研究協議会から学会へ移行した。

 


Copyright (C) Society for Senescence-Accelerated Mouse (SAM) Research. All Rights Reserved.