老化促進モデルマウス(SAM)学会

Society for Senescence-Accelerated Mouse (SAM) Research

 

 

 

沿革・活動経過

 

1982 京大よりコンベンショナルコロニーのブリーディングペア分与開始

1984 老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会発足
京都大学結核胸部疾患研究所病理学部門(現再生医科学研究所再生誘導分野)において開発された老化促進モデルマウス、Senescence-Accelerated MouseSAM)研究協議会が1984年に設立された。

1984 1回研究発表会(京都)開催
SAM
研究協議会が設立された1984年、同研究協議会主催で第1回の研究発表会が京都大学で開催され本格的な活動が開催、以後年1回開催された。

1984 武田薬品工業(株)よりSPFコロニーのブリーディングペア分与開始

1988 第1回SAM京都シンポジウム開催

1994 第1回SAM国際会議(京都)開催
成果は単行本 " The SAM Model of Senescence"ExcerptaMedica 1994 出版)に発表された。

1995 第2回老化モデル動物に関する国際研修集会(京都)開催
成果はExperimental Gerontology 1997 32巻、12号(Special Issue)に発表された。

1997 会員制による研究協議会として再発足
更なるSAM研究の発展を期して、より組織的なSAM研究の協議会運営をはかるため、会則を制定し、会員制による協議会として再発足した。

2001 研究協議会ホームページ開設
アドレスは、http://samrc.md.shinshu-u.ac.jp

2003年 第2SAM国際会議(札幌)開催 大会長 野村靖幸

2004 研究協議会ホームページ(英語版)開設
アドレスは、http://samrc.md.shinshu-u.ac.jp/firste.html

2016116日 初代研究協議会会長 竹田俊男先生ご逝去

201741日 学会へ移行

 


Copyright (C) Society for Senescence-Accelerated Mouse (SAM) Research. All Rights Reserved.